英語を使う貿易の仕事をしよう【冷静さと柔軟性が必要】

この点に気を付けよう

HOMEPAGE

webデザイナーがフリーランスとして活躍するために気を付けたい点があります。それは、仕事を受ける前に報酬や納期などの契約事項について、十分に確認しておくことです。そうすれば、仕事上で起こりうるトラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

詳しく見る

慣れている人にお願いする

男性

施工管理の仕事は責任重大になることもあるので、経験者が適しています。そこで募集をかける場合、これまでの実績から施工管理の仕事をしたことのある人を派遣してもらうこともあるのです。優秀な人材を募集しましょう。

詳しく見る

人をサポートする仕事

女性

秘書とはある人物の仕事上の身の回りの世話を行う人のことです。スケジュール管理や電話や訪問者への応対、またさまざまな雑務などを行います。正社員として秘書として雇われているケースは少なく多くは入社後に秘書課に配属されたり、また派遣会社を通じて派遣されるといったケースが一般的です。

詳しく見る

子供好きな人に最適

子供と女性

保育士求人はかなりたくさんありますので就職や転職には困りません。時代の流れで現在は保育士免許と幼稚園教諭免許の両方の取得が推奨されていますので、これから取得される方は両方の取得を目指して下さい。生涯役に立つ国家資格となることは必至です。

詳しく見る

派遣に登録

女性

貿易に関する業務につきたい場合には、関連企業に新卒入社するという一方で、貿易事務を募集している派遣会社に就職するという方法があります。英語の興味があり、英語を使った仕事をしたい強い気持ちがあるのであれば、できる仕事から取り組むことができる環境もあるため、まずは入社してみるのも一つの方法です。

詳しく見る

必須の能力について

女性

慣れれば大丈夫

貿易関係のお仕事を目指すなら、まず必要なのは英語のスキルです。日常会話はもちろん、ある程度難しいビジネス用語にも精通していなくてはいけません。しかしそうは言ってもそれほど身構える必要もありません。日本の貿易相手国で一番多いのはアメリカですが、続くのは中国や韓国などのアジア圏がほとんどです。就職するところにもよりますが、貿易関係の会社で英語を使うといっても向こうもネイティブではないので、ある程度こなれてくればそれほど難しい相手ではないのです。また、貿易用語は日常では使わないものばかりですが、逆に言えば一通り覚えてしまえば後はルーティーンになりますので、とんでもなく語彙力が豊富にないと務まらないなんて事は一切ありません。そういう意味ではある程度の英語力を身に着けていれば、後は基本的なビジネスルールを覚えている方が強いともいえます。貿易では特に書類関係は厳密さが求められます。どの書類も英語での記述ですし、一字一句間違えても税関が通らないので国内とは違う厳しさがあります。貿易実務では基本をきっちりおさえてミスなくこなせる人が重宝されます。もうひとつ求められる能力として柔軟性もあります。一見ソツがないという能力を相反するようにも思われますが、貿易では突然の輸送便のキャンセルなどもよく発生します。そうした時に慌てずに次善の策を取れる冷静さと柔軟性が必要になります。もちろんこうした事は場数も物を言いますので仕事に就いてからでも十分に身に付きます。

Copyright© 2018 英語を使う貿易の仕事をしよう【冷静さと柔軟性が必要】 All Rights Reserved.