英語を使う貿易の仕事をしよう【冷静さと柔軟性が必要】

派遣に登録

女性

準備は早めに開始

仕事を探すときに、ワールド規模の仕事に就きたい、あるいは語学、特に英語を生かした仕事をしたい、と考えているときに挙げられるのが貿易関係の仕事です。そこで使用される書類は英語で記載されることが多く、読解力や記述力が求められることになります。また、輸出入を行う担当者や関連業者との調整を行う業務が発生した場合には、英語でのコミュニケーションが求められることから、英語力をつけておくことは重要なのです。言語に関する能力は短期間で身につけることは難しい面があることから、できる限り早めに身につける努力を開始することです。各貿易機関に新卒で入社するという方法もありますが、最も確実な方法としては、貿易事務の業務を行う派遣会社に就職するという方法があります。その際には、身につけているスキルによって募集要項が変わることになりますが、貿易実務の資格、あるいは、英語に関する検定(特にTOEIC)の得点、あるいは級などにより評価されることになります。しかし、募集内容は様々であり、まずは派遣会社で貿易に関する知識を身につけるための研修を実施しているところもあるので、ここで基本的な知識を身につけ、就職後、資格取得を目指すという方法もあります。特に、必要性を実感できずに準備に身が入らないが、とにかく貿易関連の仕事をしたい、という場合には、まずは実務を経験する意味でも、この業界に飛び込んでみるというのも一つの方法といえます。

Copyright© 2018 英語を使う貿易の仕事をしよう【冷静さと柔軟性が必要】 All Rights Reserved.